アメリカ生活+不妊治療からの妊娠

IUI x 6、Stimulation IVF(空胞)x 4、Natural cycle IVF x 7(1回はついに採卵できたけど分割せず)を経て、Donor Eggで胚盤胞移植。移植1回目は子宮外妊娠で抗ガン剤MTX治療し、2回目は胎嚢・心拍確認済みで現在進行中。アメリカでの不妊治療から妊娠までの記録ブログ。不妊治療や妊娠に役立つ情報、アメリカ生活情報などを発信しています。

スポンサードリンク

【卵子提供胚盤胞②】6w6dでの胎嚢と心拍確認

f:id:akimeimilk:20190117034609j:plain

こんにちは、めいみるくです。

ワシントンDCでは週末に雪が降って、まだ溶けずに残っていますがまた今週末雪の予報。皆雪の前には買い出しで買いだめしていました。

来週初めは雪も止む予報ですが、最低気温が-12度ぐらいでとっても寒そう。一気に冬がやって来ました。

 

 

6w6dで胎嚢、心拍確認検査

雪の影響で元々予定していた検査日から少し遅れての陽性後の初超音波検査。

 

夜になるにつれて重くなるつわり(まだ気持ち悪いなぁレベル)があるものの、最近ピンクおりがたくさん出たり、買い物後は必ず茶おりが出たりと気が気でなくて、運動もままならないまま過ごしていたので、心配でした。

 

結果、

胎嚢?

胎芽8ミリ

卵黄嚢3ミリ

心拍127回/分

 

よくテレビ(今FODで見ているデクスターというアメリカテレビドラマ)やブログで見る、胎嚢の中にちっちゃくいるのが見えました。

 

英語が拙いので言葉はあまり出ませんでしたが、ベビちゃんの姿とトクトクと動いている心臓を見たら安堵と共に嬉しい気持ちになりました。

 

夫用にナースに写真をもらおうと思っていたら、向こうから渡してくれて、更にiPhone撮影用に動画も流しておいてくれました。

 

お会計は$25。

次回は1週間後。成長の確認のようです。

 

心拍確認できたので流産の確率はグッと減るという話ですが、10〜12週の壁、10週入ってすぐにホルモン補充が終了することで更年期障害持ちの私は大丈夫なのかなど、心配はつきませんが、とりあえずよかったです☆