アメリカ生活+不妊治療からの妊娠

IUI x 6、Stimulation IVF(空胞)x 4、Natural cycle IVF x 7(1回はついに採卵できたけど分割せず)を経て、Donor Eggで胚盤胞移植。移植1回目は子宮外妊娠で抗ガン剤MTX治療し、2回目は胎嚢・心拍確認済みで現在進行中。アメリカでの不妊治療から妊娠までの記録ブログ。不妊治療や妊娠に役立つ情報、アメリカ生活情報などを発信しています。

スポンサードリンク

【卵子提供】布ナプキンNGの更年期障害+卵子提供準備完了

f:id:akimeimilk:20180225072659j:plain
こんにちは、めいみるくです。

今日も旦那さんとテニスでいい汗をかきました☆

 

隣のコートで親子ぐらいの女性が男の子に教えてました。

ミニコーンとか設置していて随分本格的に教える人だなぁと思っていたら、途中から男の子のお母さんが現れ、彼女はコーチだったことを知りましたw

Pablic coatで教えてるって初めて見ました。アメリカならではですかね(^_^;)

 

 

布ナプキンNGの時

基本的には体にもいい布ナプキンをオススメしている私。

akimeimilk.hatenablog.com

 

でも、(若年性かどうかに関わらず)更年期障害の時にはオススメできません。

というのも、膣乾燥のために粘着性のオリモノになってしまうので、布ナプキンを使うと汚れが全然落ちないんです(T ^ T)

 

もちろん、粘着性でない時とかは問題ないんですが、最近では生理の経血が多い時以外はナメクジかっていうぐらい( ̄◇ ̄;)

 

ちなみに、布ナプキンを使っているときに使う汚れ落とし「セスキ炭酸ソーダ」。

アメリカでは手に入らない?ので、「Oxyclean」に浸けて落としています。完全には落ちませんが(⌒-⌒; )

 

 

卵子提供準備完了

私の子宮内ポリープ除去も終わり、ようやくDonor Egg準備が整いました♬

 

これからドナーさんの検査など色々始まります。

無事採卵してもらえて新鮮胚移植までこぎつけると嬉しいなぁ♡

 

これまでのおさらい

  1. ホットフラッシュ&無月経で若年性更年期障害かと考えてOB/Gyn(産婦人科)受診
  2. 血液検査で若年性更年期障害と診断
  3. Donor EggにしようとIVFを断念
  4. Donor Eggのエージェントとコンタクト
  5. 不妊治療センターのDr.とDonor Eggについて話し合い
  6. Donor EggチームのCoordinatorと連絡
  7. 更年期障害治療のためのホルモン補充(エストロゲン&プロゲステロン)
  8. 子宮内ポリープの再検査
  9. 1年毎の感染症などの血液検査
  10. Finacial coordinatorとShared risk programなど金銭面での話し合い
  11. Psycologistとの心理カウンセリング
  12. 子宮内ポリープ除去手術のため、ホルモン補充をやめてBirth Control Pillを服用
  13. 全身麻酔による子宮内ポリープ除去

 

移植経験まで行けていない状況なのに、気が急くばかりです(⌒-⌒; )

アメリカにいる間に、1人目出産、2人目移植&妊娠(できれば出産)までしたいです。

目標は大きい方がいいですからね、2人と言わず3人とかの方がいいのかしら・・・w