アメリカ生活+不妊治療

6回のIUI、4回のStimulation IVF(全て空胞)を経て、アメリカの2個目の治療センターでNatural cycle IVF開始しました。Natural IVF3回とも排卵のためキャンセル。現在Natural IVF④を開始しました☆

スポンサードリンク

海外ー日本のSMARTalk通話がオススメ!

こんにちは、めいみるくです。

今日はアメリカや海外にいても日本にいる時のように通話できるSMARTalkについてご紹介します🌟

 

f:id:akimeimilk:20170712013059j:plain

 

 

SMARTalkとは

メリット

  • スマホアプリで簡単
  • 基本料金や月額料金なし!
  • 払うのは使った分だけ!(8円/30秒。アプリ同士は無料)
  • 留守番電話も無料
  • 日本のケータイでかけるよりお得(らしい)

 

デメリット

  • 留守番電話を聞くのがちょっと面倒
  • Wi-fiやLTEなどの安定したネット環境が必要

 

SMARTalkのサイト

ip-phone-smart.jp

 

要は、IP電話なんです。

日本にいても、ケータイから普通に電話すると20円/30秒らしいので、安く済むようです。

 

アメリカでiPhoneを使ってますが、ほとんど電話もせず家のWi-fiを使っているので、一番安いプランの我々。国際電話をすることはできません。

 

ただ、このSMARTalkでなくても家族や友達とはFacetimeやSkypeなどでできますし、一般電話にはSkypeでお金を払えば(接続料+SMARTalkより少し安い通話料で)かけられるようです。

 

もともと「せどり(転売)」をするために、連絡方法を載せる必要があって、2年前からSMARTalkを導入しました。

日本からかかってくる場合でも、相手側からは日本国内にいるのと一緒の通話料で済むので、航空会社などにもこちらを登録しています。

 

日本にいる場合でも、Wi-fiやLTE環境があれば使えます。

一時帰国の時に使う必要がある場合、SIM購入もしくはモバイルルータをレンタルしなくてはいけません。

まぁどちらにしても、我々の場合は一時帰国だとWi-fi環境が必要なのでSIM購入したりしています🌻

 

一番のデメリットは留守番電話でしょうか。

留守番電話を聞くにはWi-fi環境下でちょっと面倒な操作する必要があるんですが、以前SIM購入したんですが、接続が不安定で結局ホテルのWi-fiに接続するまで聞けなくて、結局数時間かかりました。

この点は是非改善して欲しいところです!

 

このようなデメリットもありますが、メリットはたくさんあるので、日本国内はもちろん海外ー日本での通話はSMARTalkがオススメです🎵