読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活+不妊治療

6回のIUI、4回のStimulation IVF(全て空胞)を経て、アメリカの2個目の治療センターでNatural cycle IVF開始しました。Natural IVF①が排卵のためキャンセル→IUIへ変更となって、これからホルモン補充と妊娠検査を予定しています。

アメリカ生活 排水溝 Disposer


スポンサードリンク

アメリカで生活すると

まず戸惑う😓のが、

Disposer(ディスポーザー)

 

キッチンシンクの排水溝にある、

ミキサーみたいなもの。

 

是非ともアメリカ生活始めの人に知ってもらいたい注意が2つ。

 

ミキサーだからって何でも入れてはいけない。

水を流しながら30秒以上はかけ続ける、というのを定期的に行う。

 

私は調子に乗って、

卵の殻から何から何まで生ゴミを流して、

詰まらせたことがあります・・・。゚(゚´ω`゚)゚。

 

ネットで検索すると、

どうやら流してはいけないものがあるらしい。

 

ダメなもの

卵の殻

繊維質の多いもの

 

 

そして、もう一つ原因がありました。

 

割と騒音なので、

遠慮して最低限しかDisposerを使用していなかったんです(´・ω・`)💦

 

ネットによると、

水を流しながら30秒以上はかけ続ける、というのを定期的に行う

ことが必要らしいです(๑•ૅㅁ•๑)🌟

 

 

もし、私のように詰まらせてしまった場合の方のために、

対処法を記しておきます_φ(・_・

 

シンクいっぱい(ナミナミじゃなくてたぶんOK)に

水を張り、音を気にせずDisposerをかけ続ける。

 

これだけ。

 

私はこの方法を見つけるまで、

シンクしたのパイプを外して掃除してみたりしたけど、どうにもこうにも解決しませんでした( ;´Д`)💦💦💦

 

 

🌸大切なのでもう一度🌸

ミキサーだからって何でも入れてはいけない。

水を流しながら30秒以上はかけ続ける、というのを定期的に行う。

 

それでも詰まったら、

シンクいっぱい(ナミナミじゃなくてたぶんOK)に

水を張り、音を気にせずDisposerをかけ続ける。

 

そういえば、HEROというアメリカドラマで、回ってるディスポーザーに手を突っ込んでたシーンがありました…。

超能力者だから無事だったけど、見てるだけで怖かったです(゚д゚lll)💧💧💧