アメリカ生活+不妊治療

6回のIUI、4回のStimulation IVF(全て空胞)を経て、アメリカの2個目の治療センターでNatural cycle IVF開始しました。Natural IVF3回とも排卵のためキャンセル。現在Natural IVF④を開始しました☆

スポンサードリンク

N-IVF④ D3 ベースライン検査とハーブティー再開

Natural Cycle IVF④ Day3

ベースライン検査

卵胞はちっちゃいのがあるようで、問題ないようです。おそらく卵胞があるのは左側。以前の治療センターのStimulation IVFでも、右側はほとんどありませんでした。

 

右側はチョコレート嚢腫も再発していて、卵管水腫のため卵管も取ってしまったし、恐らくもう右側の卵巣は機能してないんだと思います(T ^ T)

 

左側に新たにできた嚢腫がありますが、なんとか機能するうちに妊娠できるといいなぁ。。。

 

ハーブティー再開

前回、独自にタイミングを取るも、排卵後6〜8時間以内に卵子と精子が出会うベストタイミングでなかったため、たぶんダメだろうな〜と思いつつも、子宮収縮しそうな仲良しとか今飲んでいるハーブティーとかは一時休止していました。

akimeimilk.hatenablog.com

 

でも生理が来てリセットになったので、ハーブティーを再開しました🌟

ほんのり甘くて美味しい〜💕 でもHealthy cycleハーブティーは子宮収縮作用があるので、排卵後〜は控えた方が良さそうです。

(タンポポ茶T-1エキスは大丈夫かもしれません。)

akimeimilk.hatenablog.com

 

今日は経血も多く、普通に活動していると痛みがすごそうなので、恒例のウォーキングはやめて家でのんびりしてます🌼

 

今サイクルはいつもより早めにhCGトリガーを打つ予定なので、機を逃さないためにもナースに逐一ホルモン値などのデータを教えてもらうようにするつもりです。

ドクターは尊敬していますが、自分たちで後悔のないように把握しておきたいところなのです✨

妊活用マルチビタミン剤+卵子のアンチエイジング剤+甲状腺治療薬

アメリカで不妊治療を始めたとき、ナースからPre-natal Vitamin(妊活用マルチビタミン剤)を摂るよう指示され、2個目の治療センターではさらにアスピリンを服用するよう指示されました。

 

今日は指示されたものや自分で良いかなと信じて、毎日摂っているビタミン剤などを紹介します🌟

 

f:id:akimeimilk:20170623075740j:plain

 

Pre-natal Vitamin(写真一番左)と甲状腺の薬

これにはIodide(ヨウ素)が入っていますので、甲状腺病をお持ちの方は専門医と相談の上服用してください。

私は毎朝Levofloxacin(チラージン)を摂っているため、こちらは夕食あたりに摂るようにしています。

 

Amazon.comでいつも購入しています。たぶんTargetなどで買うより安いと思います🌟

 

私は渡米前に、甲状腺の自己免疫疾患(橋本病)と診断されていたのですが、その時のホルモン値が異常でなかったため、様子見ということになって、そのまま渡米しました。

アメリカで専門医にかかるのも億劫になってしまっていたので、本などで調べた妊活に良いビタミン剤を自己流で組み合わせてヨウ素を摂らないようにしていました。

 

ですが、Stimulation IVFを始めて、1回目の採卵が1個でしかも空胞。。。という結果になってしまい、出来ることはしなければ!と専門医のDr. Iにかかりました。

私がアメリカで出会ったドクターの中で現在1位の人です(o^^o)🎵

 

私の場合は、

「このヨウ素入りのPre-natal Vitaminを摂っても大丈夫だけど、その他のものは出来るだけ摂らないように。朝食前の45分以前にLevofloxacinを摂って、ビタミン剤は必ず夜に摂ってね!」

と指示されています。

なので、極力こんぶだしや海草類は摂らないようにしています。

 

卵子のアンチエイジング(写真真ん中2つ)

少しでも卵子の若返りをしたいと思ってネットで調べたところ、

  • Biotin化されたUbiquinol
  • Royal gelly

が良さそうだったので、こちらもAmazon.comで購入しています。

 

Ubiquinolはビオチン化されていないと活性化状態ではないので、摂る場合は活性化しているものを選んだら良いですよ🌟

 

あと、毎日トマトとブルーベリー(もしくはプルーン)を食べるようにしています。

トマトのリコピンは抗酸化作用があってアンチエイジングに効きそうですし、ブルーベリーは妊活には有名ですものね!

 

ちなみに、ミトコンドリアを活性化するサポート剤が売られていますが、効くんでじょうか?

卵子に第三者のミトコンドリアを移植して妊娠したような話がありましたが、ミトコンドリアの移植はともかく、ミトコンドリアを活性化することってできるのかな??とちょっと疑問に思っています。。。

 

血行促進?アスピリン(写真一番右)

2個目の治療センターで、Aspirin 81mgを毎日1錠ずつ摂るよう指示されていて、ずーっと毎日摂り続けています。

 

採血後に血が止まり難かったり、生理の経血量が夜用ナプキンでも一瞬で限界になるなど、ちょっと困ることもありますが、多分血行促進のために摂っているので、卵巣や子宮に必要な血液を送るにはいいんだと思います。

 

アメリカでは普通のスーパーにビタミン剤やアスピリンなどたくさんのものが売られています。

急いでいたので、場所を店員のおじさんに聞いたら、そのおじさんもついでに買ってこう〜と言っていました。どうやら心臓の疾患?があるらしいです。

 

 

不妊治療で漢方薬などを摂られている方もたくさんいて、私もできれば摂りたいのですが、まずは近場に腕の良い先生を見つけるところから始めなくちゃいけませんね(^◇^;)

 

 

今後の方針

先日、今の不妊治療の主治医Dr. Dと今後の方針について旦那さんと話をしに行きました。

1時間程度でしたが、あっさり終わった感じがして、これで$150ぐらい払われるのかぁ、とモヤモヤ。良い保険のおかげで無料でしたけど(°▽°)

 

Natural Cycle IVFは3回とも排卵によって採卵まで行けなかったので、もらったデータを元に、hCGトリガーを1日早めてもらうようにしました。

というのも、私の場合は卵胞成長が排卵前に一気に進んでしまうようなので、この方法がきっといいんじゃないかと思います。

 

排卵抑制剤Ganirelixと卵胞成長剤Menopurを使った、Modified natural cycle IVFは3回目に1度試しましたが、卵胞成長が一度ガクッと落ちた挙句に、なぜか排卵してしまったので、次回からは薬を使用しないNatural Cycle IVFにすることにしました。

 

Dr. Dもなぜか薬を使うのを嫌がっていたので、もしかしたらここのセンターではあまり得意じゃないのかもしれません。

 

話をしに行ったのに、ドクターから今後のプロトコールの改善ポイントを提案されなかったので、こちらから提案する結果になりましたが、自分たちが最善と思うことをまずは試してみたいと思います🌟

知らなかった! 厳密な受精のタイミング

タイミング法で妊活されてる方はご存知の方が多いと思いますが、自己流タイミング法→人工授精6回→体外受精6回とやってきているのに、本当に受精しやすいタイミングって知らなかったんです。。。

 

今回、Natural cycle IVF (Modified)③が失敗に終わり、排卵しそうだったので、自分でタイミングを取った際に調べて勉強になったので、ご紹介します🌟

 

 

受精しやすいベストタイミング

卵子:排卵後すぐ〜6(〜8)時間まで

精子:射精後から、6時間後〜36時間後まで

 

ということは、排卵予定時間より36時間ぐらい前からタイミングを取れば良さそうですね。

できたら排卵予定時間より6時間前がベストですけど、さすがにそこまでは時間を合わせるのは無理ですもんね💧

 

参考サイト

ninpu-mama.com

tamagoo.jp

 

卵子の寿命は24時間、精子の寿命は2〜3(または3〜4)日、ということは知っていたのですが、やはり生ものですから、活きのいい時間ってありますよね。

でも卵子が排卵から6時間ぐらいまでが受精にベストとは知りませんでした!

 

精子は射精から膣内と子宮を通って卵管にたどり着くまでに6時間ぐらいかかるためにこのタイムラグがあるんですねー。

 

 

実は勉強したのが排卵した直後で、よくよく考えてみると、タイミングを取ったのは排卵痛を感じた36時間より前と排卵後6時間ぐらいだったので、残念ながらベストタイミングではなかったようです。。。

 

排卵のタイミングを予測するのは難しいですが、予定日の36時間前から頻繁にタイミングを取れればよさそうですね。

今回はダメそうですが、次回タイミングを取ることがあればこの方法で頑張りたいです。

 

 

明日はDr. Dとの話し合いです。

Natural cycle IVFを3回とも排卵によるキャンセルになってしまっているので、原因と今後の方針を夫婦で聞きに行く予定です。

急激にホルモン値が上がってLHサージが起きてしまうのが原因な気がするので、これまでのホルモン値をグラフにして、今後の方針を良い方向に向けて行きたいです🎵

(その前に夫婦間での話し合いをきちんとしなくちゃです💧)

N-IVF③ D14 Lh上昇により採卵キャンセル

Natural cycle IVF (Modified)③ Day 14

早朝に検査に行き、足りなくなったGanirelixをピックアップしてすぐに打ちました。

卵胞サイズは16 x 22 mmとちょうど良いサイズになって、卵胞の位置も悪くない感じでした。

恐らく夜トリガーを打って、水曜日に採卵だろうと予想して、あまり卵巣に刺激を与えないように行動しつつ、ナースからの指示待ちをしていたのですが。。。

 

Dr. Dからの電話

いつものナースからではなく、Dr. Dから電話がありました。

D「ホルモンの値が上がってしまった」

私「このサイクルはキャンセルということですか?」

D「うん・・・。たぶんEndometriosisもあるからか、排卵抑制剤がうまく効いてないみたいだ。今後について会って話し合おう」

 

今回こそは、と期待していて、赤ちゃんが生まれたらこうしてああして、とポジティブになるようにイメトレしてた分、ショックが大きいです。。。

とりあえず寝て、現実逃避をしてみましたが、そこまで心の回復ができませんでした。

 

夫婦喧嘩とタイミング法

排卵抑制剤などを打っていたせいか、どうやら私の言動が刺々しいらしく、それに旦那さんがイラついて2日連続で喧嘩しました。

 

翌日もしくはこの日に排卵の可能性が高く、タイミングを取ろうと思っていた矢先の喧嘩だったので、お互い思うところはありましたが、一応?仲直りをして、タイミングを取りました。

 

 

チョコレート嚢腫、良性腫瘍、卵管水腫、子宮筋腫、低AMHなど色々ある体なので、ピックアップ障害とかもありそうですが、可能性が0でない限り最善をつくしてでもわずかな希望にすがりたいです✨

 

ちなみに、喧嘩したことで少しスッキリして沈んだ心がちょっと回復しました🌟

 

疑問と今後の方針

Stimulation IVFの時には、Ganirelixは1本/日でMenopurはもっと大量に朝晩打ってました。なのに、なぜこのプロトコールではLhを抑えられなかったのか??

 

今回は初の試みだったので仕方ないですが、次回からは決まったプロトコールではなくて、個人個人に合ったプロトコールをやってほしいものです。

 

成功率云々のために、Dr. DはDonor eggを勧めてくるかもしれませんが、まだまだ諦められないので、なんとか粘ってNatural cycle IVFを続けたいです。

N-IVF③ D13 採卵の可能性&薬が足りない!

Natural cycle IVF (modified)③ Day12と13

検査結果

D12に卵胞サイズは小さく(9mmぐらいに)なり、卵胞の位置はややズレたような感じ?

 

D13には、卵胞サイズが14×8mmと少し回復するも、D11には及ばず。ただ、この日に診てもらったドクターから、この位置なら採卵できる、と言われました✨

 

今日までの検査結果のコピーをもらい、じっくり見てみると、Ganirelix投与の2日後から卵胞の大きさやエストロゲンの値が縮小、低下していました。

やはりMenopurを打っているとはいえ、排卵抑制剤による卵胞成長抑制効果が出ているようです。

 

でも、投与を続けていると効き目が薄れているようで、卵胞サイズもエストロゲンの値も回復している感じ。

 

薬が足りない⁉︎

Dr. Dの指示は、同じ量の薬の投与継続。

ですが、元々処方された薬は今日の分までで、明日からの分が足りません!(◎_◎;)

 

今日は日曜日で、Special pharmacyも通常業務はやってません…💧

 

ですが、また自腹で買うとなると1日分$600程度💦

藁をもすがる気持ちで、とりあえず緊急で必要な旨を留守番メッセージで残して連絡待ち…。

 

すると、以前通っていた治療センターの近くにあるPharmacyに処方箋を送ってくれて、薬をピックアップ出来るとの連絡が‼️

 

もちろん保険が適用されるので、一安心(*´-`)

 

なんだ、ちゃんとSpecial pharmacyから処方箋送ってもらえれば保険が利くのか!

 

実は以前、この薬局でStimulation IVFで足りない分の薬を緊急で購入した時、保険が利かなかったのでした。

 

電話してみるものですね🌟

 

もし順調に卵胞成長してくれて、卵胞の位置が良いところをキープしてくれれば、明日か明後日頃にトリガーになりそうな予感です。

 

頑張ろう、卵子ちゃん‼️